心も身体もキレイになれる 月刊『からだにいいこと』公式サイト

編集部アクセス

ワクワクサラヤ研究会インタビュー

ワクワクサラヤ研究会Interview

ノンフィクション作家。自身が糖尿病と診断された後、糖質制限ダイエットで糖尿病を克服してしまった経験を著書『糖質制限ダイエットで何の苦もなく糖尿病に勝った!』(扶桑社 ¥756)、『おやじダイエット部の奇跡 糖質制限で平均22㎏減を叩き出した中年男達の物語』(マガジンハウス ¥1,365)、『太る生き方、太らない生き方』(実業之日本社 吉村祐美との共著)などとして出版。

なでしこダイエット部の大逆転!

何をやっても痩せなかった女性たちへ。糖質制限ダイエットに挑んだ女子たちの、笑いとド根性のノンフィクション。桐山秀樹・吉村祐美共著(世界文化社¥1,365)。

糖尿病発症から3年で、あらゆる数値が正常に! 糖質制限ダイエットの効果を実感!!

ある日、"糖尿病と合併症"であると告げられ、自力で治ってみせると一念発起した桐山秀樹さん。
病を克服するには、まず痩せること! そこで選んだ方法は「糖質制限ダイエット」でした。

『おやじダイエット部の奇跡』の著者である作家の桐山秀樹さん。ご自身も糖質コントロールを実践し、3週間で20㎏ものダイエットに成功したという強者です。

 桐山さんがダイエットをすることになったきっかけは、2010年の5月。呼吸が苦しくなって、心臓のドキドキが続いたために病院で診察を受けたところ、見つかったのは糖尿病に高血圧症、メタボリックシンドローム、高脂血症、肝機能の悪化……。いつ心筋梗塞になっても不思議ではない状態でした。

「医師には、どうしてこんなになるまで放っておいたんだと叱られました。医師のそのにべもない物言いに対して腹が立ちましてね。僕は美食評論家ですし、職業柄生活も不規則。その結果、やむをえず太ってしまったんだ。お前なんかに何がわかるって。それで、『よし! 自分で治そう』と決心したんです」

 運動は苦手。だから運動で痩せるのは無理だなと思っていた時、出会ったのが江部康二医師の『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』という著書。奥様の協力を得ながら、そこに載っていた糖質ダイエットを実践したところ、4日目には体重が7㎏減!

 それからはどんどん減り、3週間後には87㎏だった体重が67㎏に。しかも "厚揚げのたらこマヨネーズグラタン"などといったものを食べながら。
「糖質制限ダイエットというのは、血糖値を急激に上げないことがポイント。簡単に言えば主食を抜いて、肉や魚、野菜などのおかずだけ食べるイメージです。野菜でも糖質の高いものがありますから、食品の大まかな糖質量を頭に入れ、糖質の低い食品を選ぶこと。主食であるご飯、パン、めん類などを抜くだけでも、多量の糖質摂取はなくなります」

 サラヤの『ラカントS』と出会ったのは、糖質ダイエットを始めたばかりの頃、雑誌の広告を見たのがきっかけ。早速スーパーで見つけて使いだしました。
「糖質ダイエットを始めてからは、ほとんど自宅での食事ですから、煮物などには顆粒の『ラカントS』を、酢の物などには液状のものをと、料理によって使い分けています」

 糖質制限ダイエットを始めて1年目には、薬の服用もやめ、食事療法1本に。そして3年目、2012年5月に検査した時には、高血圧、脂質異常症など、他のすべての検査数値が基準値に戻っていたとか。
「糖尿病は、一度なったら治らないと言われています。でも、上手にコントロールすれば、ぼくのようにいろいろ悪かった部分の診断の数値を基準値にまで下げることができる。これからもずっと続けて行けば、健康でいられると思っています。ぼくの成功は、糖質のコントロールと睡眠をきちんと取るようにしたから。やはり太り過ぎはよくないですね」

桐山秀樹さん愛用のサラヤ商品は?

(左)〝焙煎〟羅漢果を使用した、コクのあるカロリーゼロの甘味料。顆粒タイプ150g ¥598、200g¥798、600g ¥1980、800g ¥2625( 右) 冷たい料理、飲み物、お菓子作りなどにピッタリの液状。280g ¥578

●サラヤ
(フリーダイヤル)0120-40-3636
http://www.lakanto.jp/
  • ワクワクサラヤ研究会Interview トップページへ
  • 大柳珠美
  • 柿沢安耶さん
  • 奥華子さん
  • 萩原智子さん
  • 元ちとせさん
  • MAIKOさん
  • 大石真理恵さん
  • 南美希子さん
  • 野村友里さん
  • マイヤース雪野さん
  • 加藤登紀子さん
  • 相川七瀬さん
  • 谷口キヨコさん
  • 迫村裕子さん