心も身体もキレイになれる 月刊『からだにいいこと』公式サイト

編集部アクセス

ワクワクサラヤ研究会インタビュー

ワクワクサラヤ研究会Interview

エッセイスト・キャスター、美容ジャーナリスト。東京女学館大学客員教授、睡眠指導士。テレビの社会派コメンテーターやビジネスマン向けの講演者から恋愛指南のエッセイストまで、変幻自在に活動。

体によくないものは極力排除していく。そんな自然派の生活が健康と若さを保つ秘訣!

身の回りのものが安全かどうか意識するのは、
出産経験後に多いと言います。南美希子さんもその一人。
息子さんに安心なものを与えたいと選んだのは
サラヤの商品。それは、家族の健康だけでなく、
自身の若さと美しさの基にもなっているようです。

「子どもが生まれてから、合成洗剤の怖さを知って、家で使う洗剤はすべて自然系のものに変えました」
テレビ朝日のアナウンサーだった南美希子さん。独立後はキャスター、エッセイストとして活躍しながら、16年前に母となり、それからは洗剤だけでなく、食材などにもこだわりながら、積極的に家事をこなしてきました。

「あまりにヒステリックなのは考えものですが、いろいろ知るにつけ、自分でできることはやっていくべきだと思ったんです。そんな時に出合ったサラヤの『アラウ.』は、香りが気に入って使い続けています。歯磨き粉も『アラウ.』に切り替
えました。というのも歯磨き粉に含まれる、防腐剤やサッカリンは体によくないばかりか、舌の味蕾を壊すため、味覚が鈍くなってしまうと聞いたんです」

近年は日本抗加齢医学会に関わり、市民公開講座で司会やパネリストを務めるなど、医師たちとのおつきあいも多くなり、食の大切さも実感しているそうです。
「さまざまな場で、先生方から知識を断片的に仕入れているうちにね、体系的に知りたいと思うようになったんです。それで勉強して、健康美容コミュニケーターと睡眠指導士の資格を取りました。そのおかげで、自分の知識量は格段に増えましたね」

その知識は、自宅でも実践。
「先生方がおっしゃるのは、糖分の摂り過ぎの怖さですね。砂糖は血糖値を急激に上げるので、GI値(炭水化物が消化されて糖に変化する速さを相対的に表す値)がとても高いんです。糖尿病の人じゃなくても、急激な血糖値の上昇は体の負担になるからよくないんですね」

また、糖分の摂り過ぎは、体を糖化させて、老化を早めるのだとか。そのため、自宅ではなるべく白砂糖を使わないようにしているそうです。
「そういった意味でも、低GIでゼロカロリー、しかも農薬を一切使わずに栽培された羅漢果から甘み成分を抽出した『ラカントS』は安心なんです。難点は、値段が少々高いことですけど、羅漢果は農作物ということで、採れない年があったりしますものね。それに抗酸化作用もあるのでしょ。しかたないですね」

普段、煮物を作ることが多いという南さん。
「栄養分は、まんべんなく摂ろうと思っています。特にタンパク質を摂らないと筋力が衰えちゃいますから、鶏肉は、鶏神社を建てたいぐらい食べてますよ(笑)。それにミネラルやカルシウムなどは意識的に摂ります。ただ、オーバーカロリーにはとても気を使いますから、『ラカントS』は本当に助かります。溶けやすい液状のほうは、アイスコーヒーに入れたり、ゴマ和えに使ったりしています」
家族の健康に気をつかいつつ、ご自身もますます若返っている南美希子さんの美しさの秘密……垣間見えました!

甘味料について学んだ南さんが愛用している
『ラカントS顆粒』200g ¥798と、
『ラカントS液状』280g¥578。
赤ちゃんだった息子さんの健康を気遣って購入した
『arau.洗濯用せっけん』1.2ℓ ¥840と、
『arau.せっけんハミガキ』120g ¥399。
『ヤシノミ洗剤』600㎖¥525は、
結婚前から愛用。

●サラヤ
(フリーダイヤル)0120-40-3636
http://www.saraya.com/
  • ワクワクサラヤ研究会Interview トップページへ
  • 大柳珠美
  • 桐山秀樹さん
  • 柿沢安耶さん
  • 奥華子さん
  • 萩原智子さん
  • 元ちとせさん
  • MAIKOさん
  • 大石真理恵さん
  • 野村友里さん
  • マイヤース雪野さん
  • 加藤登紀子さん
  • 相川七瀬さん
  • 谷口キヨコさん
  • 迫村裕子さん